質問コーナー🕵🏻‍♀️ 幸せの波動

Tちゃんからいただいた ご質問です。


T「ヨシキさんは、訳あり物件に住み続けて、

1年半でエネルギーが良くなったと話していたんだけど、

具体的にどんな事をしてきたのか、知りたいです。」

YOSHIKI氏「正確には1年半でエネルギーが良くなったのではなくて、


エネルギーを良くしていった結果、

訳あり物件になっていた隣人トラブルが解決したのが約1年半後だったということです。

(エネルギーが良くなってから具現化するタイミングはまちまちですが1年以上はかかったということ)


最初、その場所に引っ越しをする契約をした時点からすでに鎌倉のアパートの観葉植物たちが枯れはじめました。

これはまずいな!と思いましたが、そこには行くべきして行くのだということは解っていました。

実際に引っ越してからは家族みんなが咳を1か月くらい出していましたが、3か月が立ったくらいからは気にならなくなりました。


では、特に問題に対して何かを物理的にしたということはありません。


その場所を好きになり、楽しく生活をしていただけです。


(たしかにお隣さんは変な人だなぁという雰囲気を持っていたので、あぁ これは何かトラブルを起こすことが解るなーと感じたりしていました)


何故か気分が落ち込むようなときは、それをそのままにはせずに遊びに行ったり、ヒーリングをしたりしていました。


そして1年半後には隣の住民が引っ越しするということで、訳あり物件では無くなったのです。


ここで大切なポイントは、


訳あり物件の住民もポジティブな理由で引っ越して行ったということです。


彼らは借金を抱えた老婦人でしたが、息子夫婦が新居を建てて同居させてもらえるようになり

引っ越しをすることが出来たのです。


幸せな波動により、場所の歴史が癒されているので

次にそこに入ってきた住民も

1年後には望んでいた町営住宅が抽選で当たり引っ越して行きました。

その方はシングルマザーで経済的にも家賃の負担は大きかったと思いますが、より負担が軽く
広さもある物件に移れたのだと思います。


そして現在はまた新たな住民が住んでいます。

今度はシングルマザーではなく
元シングルマザーでした☆


偶然ではなく、
各々の在り方が現実を創っていることを理解するヒントにして頂ければ嬉しいです。」


🌸


ご感想

T「しゅばらしい回答をありがとうございます😊


じんみり、わかる。


仕事で分からなかった道筋が、見えた!」



ありがとうございます😊

Hello!次元の狭間から

問題解決のプロフェッショナル・意識やヒーリングの研究者 Yoshiki氏と緩めるセラピスト Aikoの日常会話から織りなす日々の記録 いただいたご質問にも お答えしていきます 知りたいのは 本当のこと 本当を生きていく

0コメント

  • 1000 / 1000