悪魔崇拝にご注意を


最近、参考迄にイタリアの悪魔祓い(エクソシスト)に関する本を読んでいるのですが、

エクソシズム(悪魔祓い)の反対側にあるカルチャーが悪魔崇拝(サタニズム)です

悪魔崇拝の典型的な儀式が黒ミサと言われる、いわゆる悪魔を崇拝する儀式があるということですが、このカルチャーの中で
犠牲になるのは"幼児や子ども"
になるとのこと。

つまり、現実の社会に置き換えて考えてみると

一見、悪魔崇拝をしているようには見えなくても、
子どもの人生やエネルギーが犠牲になってしまうものに関しては"なんらかの低級霊による憑依現象"であることがあるかもしれません。

そして、その低級霊たちは、自分のことを"エンジェル"や"マスター"などと名乗って活動をしていることもあるために厄介なのです。

悪魔(悪魔的なエネルギー)
は人々の孤独や失望、不安などに
つけこみ、虚栄心や幻想を抱かせます。

しかし、心身の健康、そして日々の感謝を忘れずに生活していれば大丈夫でしょう。

自分自身への嘘も厳禁です

キリスト教における悪魔払いの起源はイエスキリストが行なっていたことが元になっていますが、おそらくはもっと古代から行われていたことでしょう

日本の神道における禊の文化なども"心身の穢れ(けがれ)"を清めるということの文化ですが、とても似たようなところが存在します



KAYOKO先生の

個性を育む Englishクラス

アンドロメダ kidsクラス


ご予約は

E-mail msinternational.andromeda@gmail.com 

または下記のアンドロメダHPよりどうぞ🚪✨

KAYOKO | アンドロメダ

Homeイベントセラピストサロンアクセスお問い合わせセラピスト・カウンセラー募集MoreHello !又野カヨ子です。「使える英語でもっと楽しく!」をコンセプトに皆さんと学んでいきたいと思っています。 日本は、世界で最も長く英語教育がされている国の一つです。中学校で3年、高校で3年、多くの方は6年間英語を勉強していることになります。こんなに長く学んでいるのに、話せる人があまりに少ないというのが現状です。 単語や文法の知識を詰め込んで、難しい文章を読んでいるだけでは、実際に英語を使えるようにはならないでしょう。受験のために詰め込んだ知識は受験が終われば全て忘れます。 大切なのはコミュニュケーションの楽しさを知り、実践する事。自分が何を言いたいか、相手が何を伝えたいか理解する。シンプルにこれだけのことです。 想像してみてください。英語を自由に話せるようになったご自身を!もっと楽しくありませんか? 是非一緒に英語を楽しみましょう!※個々の目的に合わせてのレッスンをいたしますのでお気軽にご相談下さい!​​★キャリア★ 大学でIES(Intensive English Study)コースを履修必須科目は全てアメリカ人の先生により英語で行われ、クラス内での発言は全て英語。クラスメイトは長期留学経験者。そこで初めて自分の学んできた英語が使えない、自分は英語ができないことを知りショックを受ける。少しずつ生きた英語に慣れ、卒業までには英語でプレゼンテーションができるようになる。 オーストラリアに留学通訳の準プロフェッショナルの資格を取得 インターナショナルスクールで年少クラスの主担任として7年半勤める 退職後、学習塾の英語講師を2年間勤め、実際に使われている英語と、学生の学ぶ英語とのギャップに驚く 生きた英語を学べるチャンスを作るべく、自身のクラスをオープンする。 msinternational.andromeda@gmail.com もしくは アンドロメダHP お問い合わせよりkid's  class(幼児〜小学生)about 1hourマンツーマン 3500円2人 5000円3人〜4人目 6000〜7000円​ English class(中学生〜大人)about 1hour&half (90min)マンツーマン  7000円2人目 12000円3人〜4人目 15000円〜180

andromeda

KAYOKO先生のブログ💫

Sirius Yoshiki’s 開かれる未知の領域 2019年意識の旅

問題解決のプロフェッショナル・意識やヒーリングの研究者 Yoshiki氏と緩めるセラピスト Aikoの日常会話から織りなす日々の記録 いただいたご質問にも お答えしていきます 知りたいのは 本当のこと 本当を生きていく

0コメント

  • 1000 / 1000