人生のストーリー


私たちが生まれた時
何もない真っ白な道が広がっていた

何もない。   何も知らない。
でも私たちは守られ育まれた。

「有難う」「おめでとう」「よく頑張ったね」
様々な祝福を受けた。

幼稚園、みんながみんなのままそこにいた。
まだあまり善も悪も知らなかったまま

小学校、気がつけばグループが出来ていた。
まだ何も疑わない

自分がいる、守られながら同時に
沢山の知識を獲得する

中学校、大人に近づいた子供

知らないうちに列車に乗っていたようだ。

どこに向かう列車に乗ったのか。

行き先を見据えて準備をするもの、
反抗しながらも受け入れていくもの、


列車から飛び降りたら
みんなあっという間に遠くに行ってしまった。


膨大な量の時間と若さが取り残され、
茫然と立ち尽くしている。

このまま、この場所にいるべきか? 
それとも列車を追いかけるべきだろうか?

私は公園のベンチに横になり
空を見つめた。

限りなく広く澄んだ空は
この世界のしがらみを全て吸い込み、

無へと繋げる途方もなく巨大な掃除機のようだ。

気づけばいつの間か眠り
再び目を開けた時には

私の人生は白紙なんだということを感じた。

どこか懐かしい

さて、白紙になった自分は
どんな絵を描きたいだろうか


全5回のお話会
最終回は 人生のストーリー

ただいま満席のため、キャンセル待ちにて受け付けております。
お申込み・お問合せは下記のフォームから

https://ssl.form-mailer.jp/fms/eff1ea0f584699


10月よりはじまる
新たなリアル人生ゲーム

現実のストーリーをプレイする

アンドロメダ&シリウスが贈る
新しいコンテンツの発表です。

🗝

2012年無謀な独立。

それから丸5年の月日が流れて、
他者が過剰なブランディングにより
数十万円のノウハウセミナーを開催するのを横目に(僕のお客様でもいます)

自分が感じる違和感はなんだろう、と考えていました。

それならば、圧倒的に本質をつく内容の情報を
最高のコストパフォーマンスでみんなが受け取れるように提供すべきではないか と考えるようになりました。

それでこそ真の自由というものだと考えるからです


詳細・内容は下記のblogでご覧下さい。

Hello!次元の狭間から

問題解決のプロフェッショナル・意識やヒーリングの研究者 Yoshiki氏と緩めるセラピスト Aikoの日常会話から織りなす日々の記録 いただいたご質問にも お答えしていきます 知りたいのは 本当のこと 本当を生きていく

0コメント

  • 1000 / 1000